エントリー

時間に余裕を持って行動する事と現状に満足しない事を心がけています

大杉

1998年入社 | 技術部 金型課 主任

心に余裕を持つと、物事を俯瞰して見え適切な行動を選択できる

技術部でマシニングセンタのオペレ-タ-を担当しています。主にプレス製品用金型のベースプレートを製作しています。設計部から送られてきた図面の指示をコンピュータ処理し、作成されたプログラムをマシニングセンタに入力し加工を行うのがマシニングセンタのオペレーターの仕事です。
普段心がけていることが2つあります。1つは、時間に余裕を持って行動することです。時間に余裕を持って行動すると、心にも余裕を持つことができます。そして心に余裕を持つと、物事を俯瞰して見えてきます。複数の仕事を同時に受け持ったときや、扱ってるプレ-トの大きさの関係で、他のラインより時間が掛かってしまっときなど、時間に余裕を持った行動を心掛けることで全体を俯瞰し、適切な行動を選択しミスを防ぐことができるからです。もう1つは、現状に満足しない事です。今までのやり方で問題がなくても、何か疑問を持ったりして、新しい物や、技術を取り入れ試し、より良くならないか、常日頃考えています。

TOP