エントリー

モノづくりが好き

専門学校の先生から地元のモノづくりの会社として望月プレスを紹介してもらいました。会社見学で仕事の内容を詳しく知り、子どもの頃からモノをつくることが好きだった私にピッタリだと感じて入社を決めました。

経験が大きな力に

入社当初、製造部の第一工場に配属され、その後金型工場に移りました。一つの仕事だけでなく、会社全体を見てほしいという意図で配属、異動があったのですが、その経験が私の力になっていると思っています。現在では、微細加工マシンニングという最新の機械も担当するようになりました。経験を通して大きな成長を感じています。

思いをカタチに

金属加工では、まず図面をもとに3D-CADを使って加工するためのプログラミングをします。その後、加工機を使って金属を削ってプレスをするためのパーツをつくります。プログラム通りのモノがカタチにしていくのは本当に「すごい!」と思っています。製品の品質を決める大切な仕事ですから、とてもやりがいがありますね。

製品の完成に感動

私の場合、専門学校でコンピュータグラフィックを専攻していたのですが、分野が違っていてもその学びが非常に生かされていると思っています。自分で作ったパーツで、図面通りの製品が完成したときには、何ものにも代えられない感動があります。

ステップアップが目標

今は、二つの目標をもっています。一つは、自分自身の成長です。金型の組み付けや金型の調整、さらにその試験運転や、金型を研磨する行程など、これまで携わっていない仕事にも挑戦したいと考えています。もう一つは、後輩の育成です。技術的なことばかりではなく、仕事の楽しさも伝えていきたいと思っています。

和気あいあいの働きやすい職場

社会に出るときには、その職場での人間関係が気になると思います。私もそうでしたが、実際に望月プレスに入社してみると、皆和気あいあいと仲良く仕事をしています。上司もいろいろな意見を聴いてくれます。部署の皆で力を合わせて課題を解決する、とても働きやすい職場です。人付き合いが苦手でも大丈夫。一緒に楽しく働きましょう。

TOP